第33回 北方圏国際シンポジウム 「オホーツク海と流氷」 2018 共催企画

Photo Exhibition Cooperated with the 33rd International Symposium on Okhotsk Sea & Polar Oceans 2018

北方圏国際写真展
International Photo Exhibition on Okhotsk Sea and Polar Oceans 2018, Mombetsu

写真展開催に当たって


 この写真展は,一風変わった写真展であり,オホーツク海や北極海など研究者によって撮影された世界各地の写真が持ち寄られ,それぞれに解説が付いています.
これは,毎年紋別で行われ今年で33 年目の「第33 回北方圏国際シンポジウム」の参加者から選りすぐりの写真を提供して頂いたものです.観測の様子に加え,観測中に訪れた動物たちや極地の風景が見られます.
 シンポジウムでは北極航路が大きなテーマになっており, ロシア,カナダ,韓国,中国,日本などの砕氷観測船が期せずして一堂に集まりました.
オホーツク海や極地の海でどんな観測がされているか,北極海の氷はどんな様子かなどをお楽しみ下さい.

シンポジウム実行委員長 高橋修平

クリックすると大きくなります。

〔番号〕は写真の撮影位置.(上記地図)

〔1〕オホーツク海、海氷観測
  豊田威信 (北大低温研)
  [オホーツク海]


豊田 北海道大学

〔2〕オホーツク海南西部海氷観測
  第一管区海上保安本部
  [オホーツク海]


〔3〕The Okhotsk Sea coast of Sakhalin Island
 Nikolay Kazakov (Far East Geological Inst., Russia) [サハリン]

〔4〕北バルト海の氷海観光
 大貫伸 , 水成 剛 (日本海難防止協会)
  [バルト海]

〔5〕フランツ・ヨゼフ諸島 1
  内海啓司 (北極観測支援機構)
  [フランツ・ヨゼフ諸島]

〔6〕フランツ・ヨゼフ諸島 2
  内海啓司 (北極観測支援機構)
  [フランツ・ヨゼフ諸島]

〔7〕凍える朱塗りの鎧1
  YAMAL LNG プロジェクト一同
  植木孝太 (日輝株式会社)
  [ヤマル半島]

〔8〕凍える朱塗りの鎧2
  YAMAL LNG プロジェクト一同
  植木孝太 (日輝株式会社)
  [ヤマル半島]

〔9〕寒空の謹賀新年
  YAMAL LNG プロジェクト一同
  植木孝太 (日輝株式会社)
  [ヤマル半島]

〔10〕雪の妖精のご褒美
  YAMAL LNG プロジェクト一同
  植木孝太 (日輝株式会社)
  [ヤマル半島]

〔11〕セーベルナヤゼムリャ諸島
  高橋修平 (オホーツク流氷科学
       センター)
  [セーベルナヤゼムリャ]   

〔12〕Observations in the East Siberian Sea
Seong-Yeob Jeong (KRISO, Korea)
  [東シベリア海]

〔13〕氷海を行く「みらい」
  猪上 淳 (国立極地研究所)
  [チュクチ海、ボーフォート海]

〔14〕「みらい」船上の観測
  猪上 淳 (国立極地研究所)
  [チュクチ海、ベーリング海]

〔15〕北極海を航行する観測船から
  尾関俊浩 (北海道教育大学)
  [チュクチ海]

〔16〕海氷が減った近年の北極海海氷の積み重なりと厚い海氷バンドの形成
  島田浩二 (東京海洋大学)
  [チュクチ海]

〔17〕極海氷上の融解池
  島田浩二 (東京海洋大学)
  [北極海]

〔18〕北極海での海氷観測
  舘山一孝 (北見工業大学)
  [北極海]

〔19〕アラスカ・バロー沿岸での
   海氷観測, 2013年
  田中康弘 (北見工業大学)
  [アラスカ, バロー]

〔20〕南極海における海氷観測

  星野聖太 (北見工業大学)
  [南極]

〔22〕不思議な形の木

  松本 経 (北見工業大学)
  [知床]

〔23〕オオワシ
  松本 経 (北見工業大学)
  [知床]

〔24〕朝焼けの川霧
  松本 経 (北見工業大学)
  [知床]

〔25〕流氷遊び人の夢 1
  中陣 隆夫 (東海大学文明研究所)
  [紋別]

〔26〕流氷遊び人の夢 2
  中陣 隆夫 (東海大学文明研究所)
  [紋別]

〔27〕流氷遊び人の夢 3
  中陣 隆夫 (東海大学文明研究所)
  [紋別]

写真を出展していただいた皆さま、ありがとうございました。