OSPOR

第34回 北方圏国際シンポジウム 「オホーツク海と流氷」の予告



  第34回北方圏国際シンポジウム「オホーツク海と流氷」を2019年2月17日(日)から20日(水),
 北海道紋別市で開催する予定です.

開催内容(予定)

開会式

  • 2月17日(日) 会場:紋別市民会館

学術研究発表会・ワークショップ・ポスターセッション  

2019年2月18日(月)〜20日(水)人工衛星から.gifオホーツク海の衛星画像
  会 場:紋別市文化会館、紋別市立博物館

  • 《テーマ》
  •  (1) オホーツク海の環境
  •  (2) 極域の海洋・気象
  •  (3) 氷海の生物・水産
  •  (4) 寒冷域工学
  •  (5) 北極航路
  •  (6) 地球温暖化と環境変動
  •  (7) 海洋リモートセンシング
  •  (8) 雪氷と暮し
  •  (9) その他(開催希望がございましたらお知らせ下さい)


研究発表・ポスターセッション・ワークショップの申込み締め切り

  ・ワークショップ企画・提案の申込み     2018年11月5日(月)
  ・研究発表申込み(発表内容200字)締め切り 2018年12月3日(月)
  ・要旨集原稿(英文4頁以内)締め切り     2019年1月11日(金)

  •    ※言語:研究発表は原則英語,ワークショップは日本語可,
  •     公開講座等は日本語.

   ◆ポスター発表の会場は、文化会館、3階ロビーを予定してます。
   ◆A0サイズ縦(横90cm×縦120cm)が貼り付け可能なパネルを用意します。

      ■ 申込用紙のダウンロード開始は、8月を予定しています。

『査読付き論文』

   査読付き論文 (Article)を募集します (Okhotsk Sea and Polar Oceans Research, Volume 3).

   ・申込み締切り  2017年9月14日(金)
      カメラレディ原稿6頁以内(寒冷域工学等の理工学分野) 

       ■投稿案内,原稿様式,テンプレートのダウンロード


青田昌秋賞

  • ・優秀な講演を行った若手研究者(満40歳未満)を表彰します.
  • 【分野 ・物理学 ・工学 ・生物学 ・複合領域


市民講座・自由広場 (会期中に並行して開催)

  • 地域や分野の抱える課題について議論を深めるフォーラム企画を募集します.
  • 日本語の研究発表(学部生・企業向け).
  • ・公開講座,企業展示,デモストレーション,パンフレット配布等.
  • ・研究シーズの紹介,共同研究の提案,その他研究会議.
  •   ※発表会場,会議室等を用意いたしますので,自由な企画ご提案をお待ちしております.

市民公開講座 2月18日(月)〜20日(水) 会場:紋別市文化会館、紋別市民会館ガリンコ後.gifガリンコ号

  • (1) オホーツク〜ふるさとの海
  • (2) オホーツク地域の暴風雪を考える
  • (3) 森から海の連環を考えるシンポジウム
  • (4) オホーツク・テロワール
  • (5) 教育シンポジウム(中学生の部)
  • (6) 子どもと親の流氷シンポジウム
  • その他 テーマ募集

        


技術展示 2月18日(月)〜20日(水)会場:紋別市文化会館
    各協賛企業により最新技術や計測機器等の展示紹介がなされます.


懇親会

   1. 記念レセプション: 2月17日(日)  会場;紋別市民会館

  •   紋別のボランティア団体が地元や各国の手料理をふるまいます.

   2. 交歓の夕べ: 2月19日(火)会場:紋別セントラルホテル(予定)

  •   研究者の情報交換、交流およびボランティア、スタッフとの親睦を深める食事会です.


航空機と宿泊の斡旋

  • 「羽田−紋別便」の航空機と紋別市内ホテルについて、12月下旬にご案内します.

  ※内容が変わることがあります

Download

    ■ 申込み用紙の公開、ダウンロードは8月を予定しています.高橋先生の流氷(新).gif白い流氷,市民のおもてなし,風情ある飲み屋街がお待ちしています