開会式


オホーツク海・氷海研究グループ総会


座長:永田豊 (東京大学)


101 Carbon dioxide studies in the arctic atmosphere above the tundra and sea ice
   T. A. ゴーシンク, J. J. ケリー (アラスカ大学)

102 Use of mathematical modeling in radiophysical monitoring of ocean
   V. F. クラピビン (ソ連科学アカデミー)

座長:淵秀隆 (元東海大学)


103 高緯度海洋の前線の変動
   永田豊 (東京大学)

104 日本海およびオホーツク海における海洋構造の比較
   飯田隼人, 山本克己, 川江訓 (舞鶴海洋気象台)

105 武富栄一船長とその船舶 -北洋・北氷洋のある戦前史-
   木村義昌, 谷口善也 (日本極地研究会)

106 測深ピンガーによるシロサケの行動生態測定
   中村朗, 相馬正樹(東海大学)

座長:福地光男 (極地研究所)


107 Flux of gases across the air-sea interface
   T. A. ゴーシンク (アラスカ大学)

108 Effects of permafrost on Arctic Landscapes and structures
   J. J. ケリー (アラスカ大学)

109 Microwave remote sensing of wind driven ice covered ocean
   A. M. シュートコ (ソ連科学アカデミー)

座長:飯田隼人(舞鶴海洋気象台)


110 道東沖における親潮の流動構造について
   柏井誠, 河野時廣 (北海道区水産研究所)

111 流氷退却時期の宗谷暖流系水の分布動向
   大槻知寛 (道立中央水産試験場)

112 宗谷海峡付近の潮流特性
   松山優治 (東京水産大学), 青田昌秋 (北大流氷研)

113 オホーツク海と親潮海域の間の水塊交換
   望月重人 (東海大学) , 青田昌秋 (北大流氷研)

座長:山田 修 (海上保安庁)


114 宗谷暖流域の海面傾斜の季節変動
   青田昌秋 (北大流氷研)

115 宗谷海峡における海況変動について
   山田俊郎 (東海大学), 青田昌秋 (北大流氷研)

116 気象衛塞NOAAでみた宗谷暖流の変動
   大和博之 (仏教大学), 青田昌秋 (北大流氷研)

ポスターセッション


117大水深を有する湾の海底地形特性
   小菅晋, 福江正治 (東海大学)

118 Mass transportation from river mouth and sedimentation behavior in sea condition
   福江正治, 小菅晋, 小林孝成, 鈴木克巳 (東海大学)

座長:寺本 俊彦 (東大名誉教授)


119 Sea ice and its contribution to the hydroacoustic noise regime in the costal waters off Mombetsu Hokkaido
   J. J. ケリー, T. A. ゴーシング (アラスカ大学), 青田昌秋 (北大低温研)

122 Freezing resistance in Polar fishes
   J. A. レイモンド (アラスカ大学), A. L. デブリス (イリノイ大学)

座長:松山 優治 (東京水産大学)


120 オホーツク海の海洋循環について
   関根義彦 (防衛大学)

121 Numerical experiments on the Soya warm current
   大島慶一郎 (北大低温研)

123 オホーツク海全域における海氷数値予報モデル
   篠原吉雄, 四竈信行 (気象研究所), 佐藤清富 (気象庁)

座長:中村 圭三 (道都大学)


124 海氷の力学的モデルに適用可能な密接度の再分布関数
   篠原吉雄 (気象研究所)

125 紋別地方の海陸風について
   北村吉識 (紋別測候所)

126 オホ一ツク海の海上気象要素の永年平均分布
   篠原吉雄, 四竈信行 (気象研究所), 飯田隼人 (舞鶴海洋気象台)


座長:木下 誠一 (北大名誉教授)


127 Laboratory measurements of the high frequency acoustic properties of sea ice
   K. C. ジェゼッグ (米国寒地工学研究所), T. K. スタントン (ウイスコンシン大学), A. J. ゴウ(米国寒地工学研究所)

128 Mechanisms for the entrainment of sediment in sea ice
   J. P. ゴーシンク (アラスカ大学)


座長:井上 尚文 (北海道区水産研究所)


129 サロマ湖海氷下でのクロロフィル量長期連続観測および出現植物プランクトンの季節変化
   福地光男, 渡辺研太郎, 谷村篤 (極地研究所)

130 Under-ice characteristics of the great whale river plume in Hudson Bay
   白澤邦男 (北大流氷研), R. G. イングラム (マギル大学)

131 北海道と九州の水産について
   井上尚文 (北海道区水産研究所)

座長:赤川 正臣 (自然環境科学研究所)


201 海氷を通して海から大気に流れる熱
   小野延雄 (北大流氷研)

202 開水面における急速氷晶生産
   牛尾収輝, 若土正暁 (北大流氷研)

203 氷野の凹凸分布と大気乱流の特性
   内藤玄一 (防災科学技術センター), 佐々木保徳, 浅沼市男 (海洋科学技術センター)

204 雪氷のマイクロ波放射観測
   佐々木保徳 (海洋科学技術センター)

205 X-バンド・レーダによる流氷の観測
   萱沼金司, 田川憲男, 関根松夫, 武者利光 (東京工業大学), 青田昌秋, 大井正行 (北大低温研), 福士博樹 (北大教養部)

206 レーダによる氷野の観測
   井手麻奈美, 林尚吾 (東京商船大学), 青田昌秋, 大井正行 (北大低温研), 福士博樹 (北大教養部)

座長:林 尚吾 (東京商船大学)


207 感潮湖の主湖口維持のための人工第二湖口
   近藤俶郎 (室蘭工業大学)

208 オホーツク海沿岸のアイスフットの形成に関わる風の作用
   田渕洋 (法政大学), 長谷川均 (国士館大学), 安達寛 (北見土質)

209 オホーツク海沿岸(浜小清水)におけるNiveo-aeolian deposits
   長谷川均 (国士館大学), 田渕洋 (法政大学), 安達寛 (北見土質)

座長:近藤 俶郎 (室蘭工業大学)


210 オホーツク海の流氷と沿岸気候
   植松恵理子 (オホーツク流氷研究会)

211 生物季節から見た北海道の春の気候
   中村圭三 (道都大学)

212 流氷と植生との関係について
   川上孝雄 (オホーツク流氷研究会)

213 流氷と市民生活についての実態調査
   佐々木彰彦 (道都大学)

座長:岩下 光男 (東海大学)


214 寒冷水域における油濁防止技術 (続報)
   月野良久, 柳澤将光 (日本造船振興財団)

215 氷海域における構造物の地震応答性状に関する研究 (その1人工海氷の作製法と物性試験)
   安達洋, 八島信良, 中西三和, 池沢佳張, 仁木秀巳 (日本大学)

216 氷海域における構造物の地震応答性状に関する研究 (その2地震応答解析)
   安達洋, 八島信良, 中西三和, 池沢佳張, 仁木秀巳 (日本大学)

座長:佐伯 浩 (北大工学部)


217 氷の拘束圧縮強度特性について
   田口義明, 川嵜哲郎, 戸沢秀, 宮川典久 (三菱重工業)

218 海氷によるコンクリートの摩耗に関する実験的研究
   伊藤喜栄, 吉田明 (大成建設), 佐々木広輝, 佐伯浩 (北大工学部)

219 寒冷地のコンクリート構造物の温度特性と温度分布のシミュレーションに関する研究
   桜井宏, 鮎田耕一, 佐渡公明 (北見工業大学)

座長:中島 洋 (サハリン石油)


220 オホーツク流氷観光船
   成田秀明, 山本和正, 佃洋孝 (日本鋼管)

221 IHIにおける氷海技術について
   木村峻久 (石川島播磨重工業)

222 北極海向け石油掘削用構造物の模型試験
   加藤一行, 岸本弘晴, 三田重雄 (石川島播磨重工業)

223 直立円断面構造物に作用する氷圧力分布に関する研究
   佐々木広輝, 小野敏行, 山下俊彦, 佐伯浩 (北大工学部) , 田中祐人 (川崎製鉄)


『座談会 凍る海 -オホーツク海−の研究計画と将来展望』 司会:永田 豊 (東京大学), 青田昌秋 (北大低温研)


P-1 海洋研究の需要性
  寺本俊彦 (東大名誉教授 )

P-2 カナダにおける氷海研究
   白澤邦男 (北大流氷研究施設)

P-3 The arctic science basic research program at the U.S. Office of Naval Research
   T. B. 力一ティン (Office of Naval Research)

P-4 北海道における海洋開発の展望
   土井龍雄 (北海道開発調整部参事)

P-5 流氷研究国際都市 -紋別-
   宮崎昭雄 (紋別市助役)

P-6 北大流氷研究施設の氷海研究計画
   青田昌秋 (北大流氷研究施設長)